こだわりの国産丸大豆醤油 しょうゆの花房




みそソムリエ認定協会

お問い合わせは

E-mail:
info@syouyuhanafusa.co.jp
しょうゆの花房
有限会社 花房商店
〒669-6201
兵庫県豊岡市竹野町竹野375
TEL:0796-47-0003
FAX:0796-47-0004



このサイトのカートシステムでの個人情報はSSLにより暗号化されますので、安心してお買い物していただけます。

日曜、祝日、年末年始は 休業日です。


■ おいしさ広場
よめこの迷い箸 販売店情報  
しょうゆとみその料理いろいろ さしみ醤油のご紹介 竹野の料理
醤油にまつわるお話 こんな風に作られます 竹野はこんな所です

竹野の名物料理


日本海/竹野海岸 名物 =活いか料理
=かにフルコース=


 日本海/竹野海岸 名物  =活いか料理=

   極上のやりいかの姿造り

水揚げされたばかりの、文字通り「活きた いか」を様々に調理していただきます。
以前からも、竹野ではいかは食べられていましたが、近年、「竹野の新しい名物」として各宿泊施設等でコース料理が楽しめるようになりました。

まずは、なんと言っても「活け造り」。瑞々しくも美しく、透き通る白さと程よい弾力。
ゲソの吸盤も活きがよく、口の中で張り付いてきます。(ゲソの刺身がいただけるのも活けいかならではです)

活けいかの味は、通常のいかとは「似て非なるもの」と言っても過言ではありません。「いかの味ってこうなんだ」と発見できます。 淡白のなかに 味があり、噛むほど旨みが広がる…。これはもう、話より味わっていただきたい。この食感は簡単には表現できません。

他にも、いか墨を使ったオリーブオイル炒めも絶品です。
新鮮であるからこそ、のいか墨も深みがあります。

最後に、ゲソの天ぷら
揚げたてのアツアツをいただきました。
もう美味しくて ホッホッホッ・・・。

”竹野浜の恵み”を是非あなたもお召し上がりください。

竹野町のいくつかの民宿、国民休暇村などでご賞味頂けます。

 要予約 期間 4/28〜11/7まで

詳しくは、各民宿、施設へお問い合わせください。


日本海/竹野海岸 名物  =かにフルコース=

 松葉かにを食べるなら、お奨めしたいのがこのコース。

まずは、かにさし。 生をさしみ醤油で頂きます。かにの繊細な味、ほのかな甘味、とろけそうな食感がたまりません。
次に、かにみそ。 濃厚な味ですが、口にくどく残らず、酒の肴に病み付きになります。ここで熱燗をキューっと。

ゆでがに は、三倍酢で頂きましたが、かにの味とよく合いさっぱりとした後口がとてもおいしいです。

続いて 焼きかに。 焼きすぎないよう注意して・・。香ばしいかにの香りと、焼き物の味は頂点と言えるかもしれません。

いよいよ かにすき。 かにすきには、水たきと、淡口仕立ての二種類ありますが、淡口仕立てのかにすきを頂きました。 ぷっくとしたかにの身、あつあつの味が口いっぱい広がる、もうなにも忘れそう。 白菜・水菜・えのきなど、野菜もとってもおいしくいただき、お鍋を平らげたあとは、・・・

雑炊。 これがうまいの一言。かにの旨さが凝縮された、最高のだしで、満腹なのにお代りしているのが不思議。

全く贅沢三昧とはこのことですね。

寒い時期11月から3月がおすすめ

竹野町の民宿、国民休暇村などでご賞味頂けます。
詳しくは、各民宿、施設へお問い合わせください。


 


Copyright (c) 1997-2014 HANAFUSA Co.,LTD. All rights reserved.
E-mail: info@syouyuhanafusa.co.jp